MOO&PLANとは

土をなおす
植物がつよくなる
多様な生命をはぐくむ

なくしてはいけないものを
未来に伝えるために

ムーアンドプラントは、北海道の環境問題を解決するための施設と
3年以上の発酵熟成から生まれたオーガニックの液肥です。

全国の約半数の乳牛が飼われている北海道では、産業廃棄物の第1位がふん尿です。1頭あたり1日約60キロのふん尿は、大地や河川を汚染し環境問題となっています。
乳牛のふん尿は、水分が多くそのままでは堆肥化できません。「北海道の自然を守りたい」という想いから生まれた施設は、水分調整剤の大量投入に頼らずに液肥化技術を開発し、特許を取得しました。発酵熱は60度以上にもなり、種子や有害微生物を不活化します。
ムーアンドプラントは、この液肥をさらに独自の方法で発酵と熟成を3年以上繰り返し、植物に有効な成分を濃縮、無臭化しました。
これにより、家族経営の酪農で作られていた貴重な熟成液肥を復刻しました。昔ながらの堆肥のように、時間をかけなければ得られない多様な成長因子を豊かに含みます。
なくしてはいけないものを未来に伝えるために、
ムーアンドプラントは、乳牛と植物を繋ぐサスティナブルな循環を願ってつけられた名前です。

MOO&PLANTが出来るまで

見えない環境被害
特許を取得した液肥プラント
乳牛と植物をつなぐ
PAGE TOP