画像をアップロード

土をなおす
植物がつよくなる
多様な生命を育む

「北海道の自然を守りたい」という思いから生まれた、十勝にある液肥化施設では、乳牛のふんと尿を無添加で液肥にしています。

その液肥をさらに3年以上かけて、独自の方法で、ゆっくりと発酵熟成させた有機の液体堆肥がムーアンドプラントです。
昔ながらの堆肥のように、微生物の力を借り、時間をかけなければ得られない自然の恵みが濃縮されています。有用な土壌微生物を増やして土を豊かにしながら多様な生物へ、いのちをつないでいきます。


 ムーアンドプラントは、複合発酵微生物の再生循環を守るために無添加で、3年以上かけてゆっくりと発酵熟成し、濃縮、無臭化した有機の液体たい肥です。
昔ながらの堆肥のように、時間をかけなければ得られない多様な成長因子を豊かに含みます。
ムーアンドプラントとは、時間をかけた人と微生物の発酵の営みの中でしか生まれない自然の恵みを未来に伝えるために、乳牛と植物を繋ぐサスティナブルな循環を願ってつけられた名前です。

酪農と環境

画像をアップロード

環境被害は見えないところで

酪農は自然に大きな環境負荷をかけます。全国の約半数の乳牛が飼われている北海道では、産業廃棄物の第1位がふん尿です。1頭あたり1日約60キロのふん尿は、大地や河川を汚染する環境問題で未だに解決できていません。
ヨーロッパでは環境型、循環型酪農という考え方があり、乳量は日本の3分の2程度に抑えながら、牧草地の面積に合わせて飼養頭数が制限されています。
ところが、日本の酪農経営は国際競争の市場原理をまともに受けており、経営難や後継者不足で廃業する酪農家が増えています。

特許を取得した液肥化プラント

画像をアップロード

無希釈処理

乳牛のふん尿は、水分が多くそのままでは堆肥化できません。
この施設の最大の特徴は、水分調整剤の大量投入に頼らずに生ふん尿を「無希釈」で連続的に液肥化できることです。発酵熱は60度以上にもなり、種子や有害微生物を不活化し、良質な液肥が製造できるようになり、特許を取得しました。
ふん尿の水分を調整するための藁やオガ粉、水分調整材を使用しないため、ふん尿の総量が増えないので、設備を小型化できます。維持管理費用も少なくなり、膨大な糞尿処理費用の軽減ができます。無希釈処理がにより、処理後の液肥の肥効も良くなります。

酪農と植物をつないで持続可能な循環へ

画像をアップロード

生物多様性を守る

プラントから作られる液肥を牧草地に散布したところ、牧草や野菜や花などの生育に驚くほどの効果が現れました。この液肥を消費者が使うことが出来れば、酪農家ともう一つの循環の輪ができます。 そのためには、家庭で気軽に使えるほどの十分な発酵熟成と無臭化することが必要でした。